戻る




蚕桑駅/徒歩34分・車で3分
(見頃:4月下旬)

樹齢800年と言われるエドヒガンザクラ。樹元の三個の巨石は、
この地の西片の山”三麺峯”に源(八幡太郎)義家が居陣したとき、
この石でかまどを築き兵糧を炊いたとの伝説がある。
google地図


蚕桑駅/徒歩30分・車で2分

樹齢1,200年のエドヒガンザクラ。
高さ15m、太さ8m。
薬師堂の境内にあり堂々たる
風格を保っている。西暦796年、
坂之上田倉麻呂が奥州征伐
の時、手植えしたものと伝えら
れている。
google地図


鮎貝駅/徒歩38分・車で3分

通称「種まき桜」とも呼ばれる
エドヒガンザクラ。
樹齢400年ほどの老木の古株が
残り、現在はその3代目が大木と
なっている。「十二」は”十二薬師堂”
の意の地名。
google地図


鮎貝駅/徒歩12分・車で1分

樹齢1,200年といわれる
エドヒガンザクラ。
樹下の”子守堂”には、病弱な
城主の子供を無事に育てた後、
忽然と姿を消した賤しい身なり
の童女(実は仏の化身)の物語
が伝えられている。
google地図


四季の郷駅/徒歩13分・車で1分

樹齢は970年といわれるおおきな古株に
新梢をつけたもので風趣がある。
樹木に当地に、元禄の頃江戸に出て
芭蕉俳諧を学んだ無路庵東潮の句碑
があり、趣を添えている。
google地図


蚕桑駅/徒歩66分・車で6分

樹齢約680年、樹高約16m、
幹周約6.6Km。
この桜は、古くから地域の
人々に親しまれてきた。
文政12年(1829)、
藩主上杉斉定が領内巡視の
おり立ち寄り、花を観賞した
との伝えがある。
google地図


荒砥駅/徒歩10分・車で1分

春の苗代の種蒔きの頃に花が
咲くので種蒔き桜と呼ばれてきた。
八乙女八幡神社は、八幡太郎義家
が京都の石清水八幡を遥拝し、
弓矢を立て奉り8人の乙女に舞楽を
納めさせた言われている。
google地図


鮎貝駅/徒歩12分・車で1分

その昔、鮎貝城の北側には
一軒の医者(庵)があった。
城の後方に存在することから
「後庵」と呼ばれており、その
傍らには桜の大樹があった。


お互いが気張らず、 自由な気風で、
それぞれの生き方を尊重しながら
楽しく活動していくことをモットーに
しています。
白鷹町を訪れて来られた方々を
温かく迎え、良い思い出をプレゼント
できるような案内人を目指して活動
しています。

しらたか旅先案内人
問合せ
白鷹町観光協会
電話:0238-86-0086
受付時間:平日8:30〜17:15
料金:1時間あたり1,000円(ガイド1名)
まつり会場内での案内は無料(予約不要)






期 日:平成28年4月23日(土)
時 間: 12:30〜
会 場:釜ノ越サクラ(釜の越農村公園)
問合せ:白鷹町観光協会/電話:0238-86-0086

■JR駅長おすすめ小さなたび「花ウォーク」
白鷹古典桜・さくら回廊そぞろ歩き

樹齢500年を超える桜が7本ある白鷹町。山形県の天然記念物に指定された名木・古木を巡ります。
ボランティアガイドが桜をはじめ花々や歴史・文化についても説明しながら楽しくウォーキング。
さらにさくらまつり会場では美味しいものもいっぱい!
 日 時: 平成28年4月24日(日)
 集 合: 蚕桑駅 9時40分まで受付
 所要時間: 約5時間30分(約12Kmコース)
 コース: 蚕桑駅>釜の越桜>薬師桜>笠松ロマン館>十二の桜>山口奨学桜>子守堂のサクラ>
 後庵ザクラ>あゆーむ>四季の郷駅
 問合せ: お近くのびゅうプラザへ


■駅からハイキング「期間設定コース」
「しらたか旅先案内人企画」春らんまんの白鷹路〜こぶし街道を歩く〜
日時:平成28年4月17日(日)〜28日(木)
どりいむ農園までのこぶし街道は両側にこぶしが咲き、遠くに残雪の山々を望むことができます。
八乙女種まきザクラでは、樹齢500年の古典桜をお楽しみいただけます。

詳しくは白鷹町観光協会(電話:0238-86-0086)までお問い合わせください。

隠れ蕎麦屋
県内外に多くのファンがいる
「白鷹のそば」。
各店のこだわりの手打ちそばを
味わえます。

■熊屋
   [TEL]0238-85-4545
■千里庵
   [TEL]0238-87-2087
■のどか村
   [TEL]0238-85-0380(要予約)
■宝恩そば
   [TEL]0238-85-0398
十二の桜名物「夜中のかいもち」
十二の桜のもとでこの時期だけ販売
される。
地元のお母さんたちが腕をふるいます。

■釜の越サクラ
 ・観光案内・・・町内や置賜の開花状況、アクセス、観光スポットやイベント情報、グルメ情報等ご案内するほか、パンフレットもご用意しております。
 ・さくら売店・・・玉こんにゃく、青菜煮、漬物、銘菓、地酒、特産品等、白鷹ならではの美味しいものを販売します。
 さくらまつり期間中「しらたか旅先案内人」がご案内いたします。

■十二の桜
 ・売店・・・期間:4/20(月)〜5/5(火・祝)
 ・十二の桜名物「夜中のかいもち」や惣菜、玉こんにゃく、漬物等販売します。


問合せ:白鷹町観光協会/電話:0238-86-0086





置賜さくら回廊観光推進会議(C)2016